Welcome

サロンのご案内

 

ぺディグラス・テクノロジー認定 正規取扱店

 

世代、性別問わず、足の悩みはつきものです。

当サロンでは、完全予約制をとることにより、どなたでも、ご都合のよい日時に、施術を受けていただくことができます。

医療機関では行っていない、日本、アメリカ、ドイツ、イギリス、中国で特許を取得している技術を用いて、痛みのない美しい仕上がりで、トラブルなしの健康な足を取り戻しましょう。

 

 

オーナー施術士紹介

 

_D4V9583.JPG
森野幸絵(もりのゆきえ)

・足爪補正士
・角質ケアハイブリットコース修了
・健康靴技術士養成講座修了

 

 

施術理念

私たちのサイトを今見ていらっしゃる方。

足のどこかに痛みや気になっている部分がある…という方だと思います。

「実はわたしも…」と、

女性の8割以上の方が、足のお悩みをお持ちなのです。

 

「巻き爪の痛みが耐えられない!」

「たこ、魚の目、踵の角質をどうにかしたい…みんなどうしてるのかしら?どこに行ったらいいの?」

という方がとても多いようです。

足の痛み、巻き爪のお悩みは、ぜひ「comfortコンフォート」にご相談下さい!

お電話・メール・ご来店頂いての無料カウンセリング、大歓迎です。

お悩みに合わせた痛みのない施術を

専門の女性スタッフが行っております。

 

 

オーナー施術士の考え

足を育てる 〜足底筋の重要性〜

年間1000本以上の足のケアをさせて頂きたどり着いたキーワードは「足底筋」。
なぜ、足のトラブルを引き起こすのか…
痛みが伴う巻き爪、タコ、魚の目、外反母趾、内反小趾。日常生活でつまずく、足裏のガサガサ、浮腫みやすい…など。足のトラブルは様々。
トラブルのお持ちの方々の足に触れ診断すると、ほとんどの方は足底筋の緩みから足の骨格(アーチ)が崩れ、足を正しく使えていない事が分かりました。
例えば、巻き爪…
たった一度の間違った爪切りや正しくない形やサイズの靴、急激な体重増加、内臓疾患、遺伝性…と様々な原因はありますが、この原因に付随して足の指先まで使えていない。
本来、爪は巻いてくる習性のあるものですが、指先までしっかり使って歩く事が出来ていれば地面につく際の重力により、巻きたい爪と地面からの重力で巻かない為のバランスをとっている。
足底筋が緩み骨格(アーチ)が崩れる事により指先まで使えない為、地面からの重力を与える事が出来ずに巻きたい作用だけが働き、巻き爪を進行させてしまう。
足の指の役割は手の指と同じく、指先で地面を掴み歩く事で様々なトラブルを予防する事が出来る。
では、正しく指先まで使うには…
足底筋が鍛えられていて足の骨格(アーチ)を保ち指先まで使える。
足底筋が緩む原因として、間違った靴のサイズの認識、体重増加、歩行不足、歩く姿勢、歩き方の癖、筋力の低下…などで足底筋が緩み骨格(アーチ)の崩れから様々な足のトラブルを引き起こしていく。
結果、足底筋を鍛えるとトラブルのない健康な足を育てる事ができるのです。
足底筋を鍛える為に3Dインソールを使用して足底の筋トレをする事により正しい骨格(アーチ)を取り戻す事が出来る。
フットプリントをとり、足診断からどのようなトラブルが生じているのか正しい判断が必要。
そこから正しい骨格(アーチ)を読み取りオーダーメイドによる3Dインソールを作成。
3Dインソールを正しいサイズのスニーカーに敷き、しっかりと固定させ1日30分〜歩き足底に筋トレをする。
最初は、崩れた足底に正しい型の3Dインソールを入れる事で不自然に感じるが、足底が鍛えられ正しい骨格(アーチ)へ近づくと違和感なくしっくりしてくる。
3Dインソールで歩く事により、指先をしっかりつかい地面を掴む感覚を実感して頂ける。
指先までしっかり使って歩く事で、巻き爪、タコ、魚の目、外反母趾、内反小趾の予防は勿論、つまずかなくなったり血液の循環が良くなり代謝が上がり冷え性や浮腫みの改善にもつながる。
足底筋を鍛え骨格(アーチ)を正す事で足のトラブルだけではなく、膝、腰、股関節痛の矯正して痛みの軽減や、姿勢の改善。
身体の土台を正し育てる重要性。
巻き爪、タコ、魚の目などのトラブルは正しいケアできちんと改善させてから3Dインソールで足底筋を鍛え再発のしない健康な足を育てる事が大切。
では、正しく指先まで使うには…
足底筋が鍛えられていて足の骨格(アーチ)を保ち指先まで使える。
足底筋が緩む原因として、間違った靴のサイズの認識、体重増加、歩行不足、歩く姿勢、歩き方の癖、筋力の低下…などで足底筋が緩み骨格(アーチ)の崩れから様々な足のトラブルを引き起こしていく。
結果、足底筋を鍛えるとトラブルのない健康な足を育てる事ができるのです。
足底筋を鍛える為に3Dインソールを使用して足底の筋トレをする事により正しい骨格(アーチ)を取り戻す事が出来る。
フットプリントをとり、足診断からどのようなトラブルが生じているのか正しい判断が必要。
そこから正しい骨格(アーチ)を読み取りオーダーメイドによる3Dインソールを作成。
3Dインソールを正しいサイズのスニーカーに敷き、しっかりと固定させ1日30分〜歩き足底に筋トレをする。
最初は、崩れた足底に正しい型の3Dインソールを入れる事で不自然に感じるが、足底が鍛えられ正しい骨格(アーチ)へ近づくと違和感なくしっくりしてくる。
3Dインソールで歩く事により、指先をしっかりつかい地面を掴む感覚を実感して頂ける。
指先までしっかり使って歩く事で、巻き爪、タコ、魚の目、外反母趾、内反小趾の予防は勿論、つまずかなくなったり血液の循環が良くなり代謝が上がり冷え性や浮腫みの改善にもつながる。
足底筋を鍛え骨格(アーチ)を正す事で足のトラブルだけではなく、膝、腰、股関節痛の矯正して痛みの軽減や、姿勢の改善。
身体の土台を正し育てる重要性。
巻き爪、タコ、魚の目などのトラブルは正しいケアできちんと改善させてから3Dインソールで足底筋を鍛え再発のしない健康な足を育てる事が大切。